SCORE CARDBACK NUMBER

まだまだ復調途上の錦織圭。それでも確かな、ある変化。~ヒリヒリした勝負こそ楽しい、という感覚が戻ってきた~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/03/06 09:00

まだまだ復調途上の錦織圭。それでも確かな、ある変化。~ヒリヒリした勝負こそ楽しい、という感覚が戻ってきた~<Number Web> photograph by Getty Images

チャレンジャー2大会に続いてATP250に出場した錦織。アカプルコのATP500を経てマスターズへ向かう予定だ。

 錦織圭が右手首の負傷から復帰して初めて挑んだツアー大会、ニューヨークオープンはベスト4の結果に終わった。準決勝で昨年の全米準優勝のケビン・アンダーソンに惜敗、錦織は「悔いの残るポイントもあった」と最終セットのタイブレークを悔やんだ。ただ、序盤のサーブの不調を修正して奪い返した第2セット、緊迫した展開を持ちこたえた第3セットは復調近しを感じさせた。

 大きな変化はその表情だ。下を向く場面が減った。昨年の春頃の、どんよりした自信のなさそうな表情は見られず、少年のような目の輝きでボールを追った。ベンチで深呼吸し、集中しようと努める初々しい姿もあった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 604文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<完全保存版>平昌五輪 2018総集編17日間の神話。
錦織圭

テニスの前後の記事

ページトップ