SCORE CARDBACK NUMBER

川崎宗則が唱える「休むことが究極の練習」。~トラやライオンは狩りの練習をしない、とは~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/06/06 07:00

川崎宗則が唱える「休むことが究極の練習」。~トラやライオンは狩りの練習をしない、とは~<Number Web> photograph by KYODO

ホークスは4月28日の川崎復帰後、16勝7敗。自身も出場13試合で打率,333と好調をキープ(5月25日時点)。

 トラとかライオンは狩りの練習をしないでしょ、と言って、ムネは笑っていた。

 日本に戻ってきた川崎宗則のプレーを眺めていると、あることに気づく。それは、とにかくムネが走らないということだ。打ったあとや、守っていてボールが飛んできたときの話ではない。守備につくとき、ダグアウトへ引き上げるとき、ムネは歩く。競歩の選手のようにお尻を振りながら、歩いている。

 それだけではない。守備のとき、打球に備えて腰を落とす動作は、ホークス内野陣の中ではムネが最後だ。それは力を抜く時間をできるだけ長く確保するために他ならない。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

川崎宗則
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ