SCORE CARDBACK NUMBER

坂本勇人がついに明かしたインコース打ちの極意とは。~7年越しで答えてくれた質問、答えは「撫でて打つ」~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/05/22 16:30

坂本勇人がついに明かしたインコース打ちの極意とは。~7年越しで答えてくれた質問、答えは「撫でて打つ」~<Number Web> photograph by KYODO

昨季は打率.344、23本塁打、75打点で初の首位打者に。今季も5月10日時点で打率.381はリーグトップ。

 あれは、坂本勇人が初めて3割を打った翌年、2010年のキャンプのときのことだった。まだ高卒3年目だったというのに、あまりに芸術的なインコース打ちを披露していた坂本に、どんな技術を備えているからインコースが打てるのかを訊いてみたことがある。そのとき、坂本はこう言った。

「それは自分の中にはありますけど、まだ1年しかしっかりした数字を残せていないし、あまり言いたくないんです。僕が、何年も成績を残せるようになったら、こういうふうにインコースを打っています、と言えると思いますので、それまで待ってて下さい(笑)」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

読売ジャイアンツ
坂本勇人

プロ野球の前後のコラム

ページトップ