SCORE CARDBACK NUMBER

競泳界に遅咲きの新ヒロイン。大橋悠依が見せた実力。~20歳を超えてトップクラスに躍り出る珍しいケース~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/05/15 07:00

競泳界に遅咲きの新ヒロイン。大橋悠依が見せた実力。~20歳を超えてトップクラスに躍り出る珍しいケース~<Number Web> photograph by KYODO

400m個人メドレーを圧勝した大橋(中央)は翌日の200m個人メドレーでも接戦を制して優勝。勝負強さも見せた。

 10代選手のパワーが炸裂している女子水泳界に、遅咲きの、そして、とびっきりのタイムを引っさげたニューヒロインが誕生した。

 世界選手権(7月、ハンガリー・ブダペスト)の代表選考会を兼ねて行われた競泳日本選手権(4月13~16日、愛知・日本ガイシアリーナ)女子400m個人メドレーで、21歳の大橋悠依(東洋大)が、日本記録を3秒24更新する4分31秒42をマークして初優勝を飾った。昨夏のリオデジャネイロ五輪銅メダルに相当する好記録で、初の世界選手権出場権獲得だ。

 日本記録保持者でリオ五輪代表の清水咲子をターンするたびに突き放す、一人旅だった。以前は苦手だったというバタフライで先行すると、得意の背泳ぎで一気にリードを広げ、平泳ぎでも粘った。自由形では猛烈なラストスパート。2月に出したばかりの自己ベストを一気に3秒93も更新した。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

大橋悠依
東洋大学
五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ