SCORE CARDBACK NUMBER

日本女子バスケの新時代、藤岡麻菜美の
可能性。~東京五輪でアメリカの6連覇
に対抗するために~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/11/29 10:30

日本女子バスケの新時代、藤岡麻菜美の可能性。~東京五輪でアメリカの6連覇に対抗するために~<Number Web> photograph by AFLO

もともと教員志望だった藤岡は、筑波大で初めて日本一を経験。更なる飛躍につながった。

 女子バスケットボールWリーグで9連覇を目指す名門のJX-ENEOSサンフラワーズが、“ポスト吉田亜沙美”として'20年東京五輪での活躍が期待される新人ポイントガード(PG)の藤岡麻菜美を着々と育てている。

 Wリーグ開幕10試合終了時点(11月5日)で、藤岡のプレータイムは吉田の145分を上回る180分。先発試合数やアシスト数では吉田より少ないが、リオデジャネイロ五輪で女子日本代表コーチを務め、今季からJXの指揮官に就任したトム・ホーバスHCが与えているハイレベルな役割を、確実にこなしている印象だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

JX-ENEOSサンフラワーズ
吉田亜沙美
藤岡麻菜美
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ