SCORE CARDBACK NUMBER

神戸と釜石。被災地復興に尽くした
平尾誠二の情熱。~ラグビーW杯の
開催地に釜石が入った初めの一歩~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2016/11/12 09:00

神戸と釜石。被災地復興に尽くした平尾誠二の情熱。~ラグビーW杯の開催地に釜石が入った初めの一歩~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

2012年、釜石&神戸OBによるチャリティーマッチで松尾雄治さんらと被災地支援を訴えた。

「瓦礫を見ると心が痛いよね」

 その呟きは、不可能と思えたミッションを成功させるための、大きな歯車を回す最初の一押しだった。

 2012年6月2日、神戸製鋼コベルコスティーラーズ一同は釜石市を訪れ、瓦礫や土砂などの撤去作業とラグビー教室、釜石シーウェイブスとの合同練習を行った。GM兼総監督の平尾誠二は、その合間に、津波の被災エリアを見て回った。

「瓦礫が一箇所に集められて、余計に建物がなくなったことが強調されてたね」

 平尾は目の前の光景と自分の記憶を重ね、冒頭の呟きを発し、そして続けた。

「僕らも、阪神・淡路大震災のときは灘浜グラウンドが瓦礫の山、廃材置き場になっていた。その光景を思い出します」

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

平尾誠二
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
釜石シーウェイブス

ラグビーの前後のコラム

ページトップ