SCORE CARDBACK NUMBER

理想の育成牧場を――。ある名厩務員の話。~35年の厩務員生活の後、牧場を私費で作った男~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

posted2016/10/30 17:00

 15歳で中央競馬の厩務員になった宮崎利男さんは、35年間東京競馬場と美浦トレセンで働いたあと、茨城県行方市にミッドウェイファームを開いた。

「そもそも放牧は、馬が良くなって帰ってくることを期待して牧場に出すわけだろう? だけど現実は、想像と全く違う姿で帰ってくることがほとんど。調教施設にも問題はあるだろうし、世話をする人間が競馬場の現場を知らないのも大きい。間違いなく馬が良くなる牧場を、俺が作るしかないな」と夢を語っていた人が、理想の育成牧場を本当に作ってしまったのだ。'98年の秋のことだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 679文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

武豊 四千勝のすべて。

Sports Graphic Number 913

武豊 四千勝のすべて。

 

宮崎利男
レオダーバン

競馬の前後の記事

ページトップ