SCORE CARDBACK NUMBER

悩めるプリンス堂林翔太。2度目の開花は訪れるか。~インコースを打つ天賦の才ゆえに~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2016/09/28 09:00

悩めるプリンス堂林翔太。2度目の開花は訪れるか。~インコースを打つ天賦の才ゆえに~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

プロ3年目の2012年には全試合出場を果たして14本塁打を放った。三振と失策の多さが課題。

 8月半ばまでのウエスタン・リーグで55試合に出場し、打率はリーグトップの.313、ホームラン5本をマーク。満を持して今シーズン3度目の一軍にコールアップされたカープの堂林翔太は、相手の先発が左の能見篤史だったこともあり、8月16日のタイガース戦で登録即スタメンのチャンスを与えられた。

 7番、サードに入った堂林の第1打席は2回表、ワンアウト二塁の場面。キャッチャー、坂本誠志郎はインコースへ構える。ところが能見は堂林の懐へ投げ切れない。真ん中、やや外寄りへ甘く入ったまっすぐを、堂林は見逃してしまう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

広島東洋カープ
堂林翔太

プロ野球の前後のコラム

ページトップ