SCORE CARDBACK NUMBER

人気低迷セリエAが求める、創造性あふれる「10番」。~ユーベとナポリは不在、ミラノ勢は……~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/09/27 08:00

人気低迷セリエAが求める、創造性あふれる「10番」。~ユーベとナポリは不在、ミラノ勢は……~<Number Web> photograph by Getty Images

トッティは11日のサンプドリア戦で1ゴール1アシスト。リーグ戦23季連続得点の偉業を達成。

「求む、10番」。9月上旬、イタリアのガゼッタ・デッロ・スポルト紙が組んだ特集のタイトルだ。

 内容は、現在のセリエAにまともな10番がいない現状を嘆くもの。ポグバが抜けた王者ユベントスに今季10番はおらず、ナポリはマラドーナがつけた10番を永久欠番にしているため不在。まず優勝を争う2クラブに10番はいない。

 低迷するミラノ勢の10番に関して同紙は「インテルではパッとしないヨベティッチが10番」と疑問を投げかけ、ミランは「たしかに本田は偉大だ。マーケティングにおいてだが」と辛辣だ。

 イタリア人が期待するフィオレンティーナの10番ベルナルデスキも、アントニョーニ、バッジョ、ルイコスタらがつけてきた重い番号を背負うと力不足の感が否めない。エンポリのサポナーラは古典的な10番だが、リーグを代表するスターとはとても言えない。誰もが認める10番というのはローマのトッティくらいだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 534文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<広島優勝 特別編集>カープの魂。
ユベントス
ナポリ
インテル
ACミラン
フランチェスコ・トッティ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ