SCORE CARDBACK NUMBER

病院のベッドから大舞台へ、無念を晴らしたアービング。~NBAファイナルを決める3Pを打った男の1年間~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/07/02 17:00

病院のベッドから大舞台へ、無念を晴らしたアービング。~NBAファイナルを決める3Pを打った男の1年間~<Number Web> photograph by Getty Images

今季の復帰戦は'15年12月20日と遅れたものの、ファイナルでは全試合平均39.0分出場した。

 1年前、カイリー・アービングは病院のベッドに横たわっていた。クリーブランド・キャバリアーズのチームメイトたちがゴールデンステイト・ウォリアーズ相手にNBAファイナルを戦っているのを、テレビの画面越しにただ見るしかなかった。シリーズ1戦目で左膝蓋骨を骨折して戦列離脱、手術を受けたのだ。苦しい戦いを強いられる仲間を見て、少しでも力になろうと、病院のベッドから電話やテキストメッセージで励ましやアドバイスを送った。そうすることで、夢に見た大舞台に立てない無念さを晴らそうとしていた。キャブズはレブロン・ジェームズの孤軍奮闘の活躍で善戦したものの、目の前で優勝を逃した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 595文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<地方大会開幕特集>甲子園を夢みる夏。
カイリー・アービング
クリーブランド・キャバリアーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ