SCORE CARDBACK NUMBER

猫だましと、まさかの3連敗。「大横綱」白鵬よ、どこへ行く。~北の湖理事長が残した、白鵬の一代年寄を拒む意志~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/12/13 06:00

猫だましと、まさかの3連敗。「大横綱」白鵬よ、どこへ行く。~北の湖理事長が残した、白鵬の一代年寄を拒む意志~<Number Web> photograph by KYODO

栃煌山戦で2度の猫だましを見せた白鵬。取り組み後は、「本当に効くのか試したかった」。

 九州場所千秋楽を終え、慌ただしく写真を電送するカメラマンの会話が、耳に入ってきた。

「なんだか、北の湖理事長が急逝した13日目から白鵬が3連敗するし、翌日からは琴奨菊や豊ノ島、大砂嵐も休場しちゃってさ。急に熱気が無くなってしまった感じだな」

「優勝争いの3人が揃いも揃って全員負けて、それで優勝が決まるなんてね。盛り上がらない、拍子抜けした最後になってしまったなぁ」

 1敗をキープし、千秋楽の稀勢の里戦を迎えた日馬富士。2敗で追い掛ける白鵬と平幕の松鳳山。優勝決定戦の期待も大きかったのだが――結びの一番で白鵬が鶴竜に敗れ、日馬富士本人も思わず、「オレが優勝したんだよね」と確認するほどに、あっけない幕切れとなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 547文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

白鵬
北の湖

相撲の前後のコラム

ページトップ