Before The GameBACK NUMBER

北の湖敏満とニッポンの記憶。~相撲の古きよきイメージの「最期」~ 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/12/11 06:00

北の湖敏満とニッポンの記憶。~相撲の古きよきイメージの「最期」~<Number Web> photograph by KYODO

輪島、二代目若乃花、そして千代の富士との激闘は忘れられない。

 冬の洞爺湖。手編みの靴下。女子生徒の顔くらいもある膝頭がぶつかる教室の机。泣ける。

 北の湖親方、雲の上へ。

 理事長の死ではない。かつての大横綱の往生でもない。享年62での惜別は、相撲の古きよきイメージの「最期」を意味している。

 田舎の怪童は、そうであるがゆえに親元を幼くして離れ、東京の下町、現在の国技館のそばの両国中学に転校する。望郷に涙しながら稽古に励み、まげを結い、着物も身につき、出世、また出世、いつしか列島の偶像となる責務を太い腹で引き受ける。


 本名、小畑敏満。北海道南部の洞爺湖の近隣、有珠郡壮瞥町に8人兄弟姉妹の7番目として生を享けた。父は農協の職員だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 986文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

北の湖

相撲の前後のコラム

ページトップ