Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<横綱の本音に迫る>
白鵬翔「2015年は“成”の年だった」 

text by

武田葉月

武田葉月Hazuki Takeda

PROFILE

photograph byYoshikazu Shiraki

posted2015/12/30 16:30

<横綱の本音に迫る>白鵬翔「2015年は“成”の年だった」<Number Web> photograph by Yoshikazu Shiraki
初場所の審判部批判から九州場所の“猫だまし”に至るまで2015年の横綱は常に世間の厳しい視線にさらされていた。それでも無言を貫き通した真意はどこにあったのか。

「2015年を漢字一文字で表すとしたら、『成』という字になると思います。『成』にはいろいろな意味がありますが、成長の『成』。振り返ってみれば、30歳を迎えた今年ほど、苦しい局面に立ったことはなかった。そうした経験をして、私自身が成長した1年だったのかなと」

 白鵬翔。優勝回数35回を誇る大横綱は、九州場所後の冬巡業で、おだやかな表情でこう語り始めた。


 尊敬してやまない横綱・大鵬の優勝32回に並んだ'14年。年が明けて'15年となってもしばらくの間は、大記録に並んだ余韻から抜け出せずにいた。だから、「次の目標は?」と問われても、「次」を見据えることができずにいた。

 けれども、初場所が始まってみると、初日から12連勝と独走。13日目の稀勢の里戦に勝利すれば、史上最多記録となる33回目の優勝が早々に決まる状況となった。

 この一番、立ち合いから右おっつけで白鵬が一気に出ると、稀勢の里が土俵際で小手投げで応戦し、ほぼ同時に倒れたものの、軍配は白鵬に挙がる。微妙な勝負に物言いがついた末、審判は「同体」取り直しの裁定を下した。そして、取り直しの一番を制した白鵬は優勝を決めた。


 全勝優勝で記録を更新した白鵬だったが、一夜明け会見で、同体の一番を振り返り、「子供が見ても、わかる相撲。もう少し緊張感を持ってやってほしい」とコメント。この発言から、“審判部批判”騒動が巻き起こった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4100文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

FIGURE SKATING CLIMAX 2015-16

Sports Graphic Number 892

FIGURE SKATING CLIMAX 2015-16

 

白鵬

相撲の前後の記事

ページトップ