SCORE CARDBACK NUMBER

スパーズ一筋20年のHC、66歳にして得た夢への挑戦。~現役の頃に落選した五輪に、HCとして~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/11/10 09:00

スパーズ一筋20年のHC、66歳にして得た夢への挑戦。~現役の頃に落選した五輪に、HCとして~<Number Web> photograph by Getty Images

HCに就任してからは5度の優勝へと導いた。選手たちからは「POP」と呼ばれ信頼も厚い。

 世の中には、何歳になっても、過去にどれだけ成功しても、なおチャレンジを必要とする人種がいる。むしろ、年を重ね、成功したときの達成感を知っているからこそ、さらなるチャレンジを求め続けるのかもしれない。

 サンアントニオ・スパーズのヘッドコーチ、グレッグ・ポポビッチもそのうちの1人だ。バスケットボールから離れても人生は十分に楽しめると言いながら、スパーズのヘッドコーチとして、今季で連続20シーズン目に突入した。

 20年も続けてきた一番の理由は、共に戦ってきた選手たちに対する忠誠心のはずだった。中でもティム・ダンカン、マヌ・ジノビリ、トニー・パーカーの3選手は、ポポビッチ自身が“セーフティ・ブランケット”と呼ぶほど欠かせない存在だった。ダンカンが現役を引退したら、ポポビッチも同時に一線を退くのではないかとも言われていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 527文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

BASEBALL FINAL 2015

Sports Graphic Number 889

BASEBALL FINAL 2015

 

サンアントニオ・スパーズ
グレッグ・ポポビッチ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ