SCORE CARDBACK NUMBER

中村剛也の選出で白熱する、侍ジャパンの“4番論争”。~6度のホームラン王、ライバルは山田太郎!?~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/11/04 06:00

中村剛也の選出で白熱する、侍ジャパンの“4番論争”。~6度のホームラン王、ライバルは山田太郎!?~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

今季は139試合に出場して37本塁打、124打点で2冠。通算満塁本塁打16本の新記録も。

 ホームラン王に輝くこと、6度。この数字は王貞治、野村克也に次いで歴代3位だ。通算300本以上のホームランを放ったバッター41人の本塁打率では、王、アレックス・カブレラ、田淵幸一の次に彼の名前が挙がってくる。

 ライオンズの中村剛也――バットを振ればホームランが飛び出す、天性のアーチストである。彼は子どもの頃から遠くへ飛ばすことにかけては誰にも負けなかった。中村がこう言っていたことがある。

「人よりも遠くへ飛ばしたい……それだけでした。飛距離では絶対に負けたくないという思いだけ。そのためにバットを目いっぱい長く持って、それを振る。振った後にもぐらつかない。思い切ってスイングができるのが一番だと思って、いつもマスコットバットを振ってました」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

中村剛也
埼玉西武ライオンズ
中田翔
筒香嘉智

プロ野球の前後のコラム

ページトップ