SCORE CARDBACK NUMBER

3年ぶりのプレーオフで敗退。ヤンキースが迫られる世代交代。~田中将大も粘りきれず、重量打線も失速~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2015/10/25 06:00

3年ぶりのプレーオフで敗退。ヤンキースが迫られる世代交代。~田中将大も粘りきれず、重量打線も失速~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

ワールドチャンピオンは'09年が最後のヤンキース。田中は右肘に不安を抱えながらも12勝。

 世界一27回を誇る盟主ニューヨーク・ヤンキースが6日、アストロズ相手に、一発勝負の「ワイルドカード(WC)ゲーム」を落とし、早々とポストシーズンの戦いから姿を消した。先発を託された田中将大が5回2失点と先行されただけでなく、看板の重量打線が低調のまま、散発3安打で完封負けを喫した。シーズン終盤に露呈した接戦での勝負弱さは、大一番でも変わらなかった。

 開幕前は、ヤンキースの苦戦を予想する声が大半だった。絶対的なリーダーだった主将デレク・ジーターの引退に加え、薬物使用違反で1年間の出場禁止処分を受けたA・ロドリゲスの復帰がチームに及ぼす影響、エース田中の右肘痛など、不安視される材料は揃っていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 611文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ニューヨーク・ヤンキース
田中将大

MLBの前後のコラム

ページトップ