Number on NumberBACK NUMBER

NBAの新人王争い。~候補は3人のニュースター、最右翼は76ersの208cmPG~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/13 08:00

NBAの新人王争い。~候補は3人のニュースター、最右翼は76ersの208cmPG~<Number Web> photograph by Getty Images

プレイオフで対戦したキャバリアーズのジェームズは、「彼はスターとなるために生まれてきた」と、テイタムを称賛した。

 2017-'18年のNBAでは新人選手が活躍した。5月19日に新人王の候補となる3選手が公表された。セルティクスのジェイソン・テイタムは20歳2カ月、76ersのベン・シモンズは21歳10カ月、ジャズのドノバン・ミッチェルは21歳8カ月という若さだ。

 セルティクスは55勝27敗、76ersは52勝30敗、ジャズは48勝34敗という成績を挙げたチームだったが、3選手はそれぞれのチームで勝利に大きく貢献した。

 テイタムは開幕時点では19歳だったものの82試合のうち80試合に出場して、出場時間も平均30.5分でチーム内で4番目、シモンズは81試合に出場して平均33.7分でチーム内で1番目、ミッチェルは79試合の出場で平均33.4分はやはりチーム内で1番目だった。プレーオフでも地区準決勝まで勝ち残った8チームの中で、3人もの新人選手が、これほど重要な役割を果たしたことは、なかなかなかったはずだ。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

ジェイソン・テイタム
ベン・シモンズ
ドノバン・ミッチェル

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ