NumberEYESBACK NUMBER

8度目のウィンブルドン制覇。フェデラーの勝因は「努力」。~唯一涙を見せたのは、家族席の子どもたちを見たとき~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2017/08/02 08:00

8度目のウィンブルドン制覇。フェデラーの勝因は「努力」。~唯一涙を見せたのは、家族席の子どもたちを見たとき~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

7試合で1セットも落とさず優勝。自身初、ボルグ以来41年ぶりの快挙だった。

 緑の芝で黄金のトロフィーを掲げるロジャー・フェデラーは千両役者の貫禄だった。単独史上最多8度目のウィンブルドン優勝。四大大会通算でも、自身の最多優勝記録を更新する19度目の栄冠。また、35歳での同大会男子シングルス優勝は、1968年のオープン化(プロ解禁)以降の最年長記録となった。

 マリン・チリッチとの決勝では、第1セットを奪い、第2セットも3-0。するとベンチに戻ったチリッチが突然泣き出した。左足のマメが痛み、「この舞台で最善のプレーができないなんて」と感情を高ぶらせたのだ。並みの選手なら動揺が伝染し、集中を乱すところだが、フェデラーは相手に目もくれない。何のためにこの決勝のコートに立っているのか、その重さを知っているからだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 573文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

不屈の虎。

Sports Graphic Number 932

不屈の虎。

 

ロジャー・フェデラー

テニスの前後の記事

ページトップ