ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

アンフィールドのキャプテンは、勝利も敗北も知っている。~ジェラードの自伝の赤裸々っぷりに驚く~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2016/05/12 08:00

アンフィールドのキャプテンは、勝利も敗北も知っている。~ジェラードの自伝の赤裸々っぷりに驚く~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『君はひとりじゃない スティーヴン・ジェラード自伝』スティーヴン・ジェラード著 小林玲子訳 東邦出版 1600円+税

 スティーヴン・ジェラードの自伝は、今となっては稀有な「ワン・クラブ・マン」の最後の2年間を描きながら、彼がイングランドで積み上げた勝利と栄光のキャリアを振り返る1冊である。

 リバプール市内の道端で毎日ボールを蹴っていたジェラードは、8歳の時に合格した育成組織からリバプール一筋。'15年にクラブを去るまで、710試合を戦い抜いたのはご存知の通りだろう。移籍市場における選手の売り買いが、「チーム愛」とは別の側面でしか語られなくなって久しいが、彼の最新自叙伝はフットボールが人情と同居していた最後の世代の、実に正直な告白であるともいえる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 378文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

岡崎慎司とレスターの衝撃。

Sports Graphic Number 901

岡崎慎司とレスターの衝撃。

 

スティーヴン・ジェラード
リバプール

海外サッカーの前後の記事

ページトップ