ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

4年間で彼らはどんな男になったのか。~駒澤大学陸上部、アスリートと青年の2つの顔~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2016/02/16 08:00

4年間で彼らはどんな男になったのか。~駒澤大学陸上部、アスリートと青年の2つの顔~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『HEROES Komazawa univ. Track and Field Team 2012-2015』水上俊介・写真 FOIL 2500円+税

 写真家の水上俊介は4年前のある日、駒澤大学陸上部のグラウンドを訪れた。そして、監督の大八木弘明にこんなお願いをしたのだという。

「陸上部の写真を撮らせていただきたい」

 今回紹介する『HEROES』は、陸上にかける大学生ランナーたちの「姿」と「時間」を撮った写真集だ。2冠を獲得した2013年の出雲や全日本のシーンも撮影されているから駅伝ファンはそれらの写真を見て、選手たちの快走を思い出すことだろう。けれど、僕がこの1冊が魅力的だと感じるのは、勝利や栄光の瞬間を撮るだけではない点だ。思い切って言うなら、水上は大会の結果などさほど気にしていないのかもしれない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

陸上の前後のコラム

ページトップ