Number on NumberBACK NUMBER

福士加代子の決断。~より望ましい選考基準のために~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/03/02 06:00

福士加代子の決断。~より望ましい選考基準のために~<Number Web> photograph by AFLO

3月25日に34歳の誕生日を迎える福士。五輪には5000mと10000mでアテネ、北京、ロンドンと3大会連続で出場している。

 リオデジャネイロ五輪の女子マラソン代表選考方法をめぐって、今回もまた、批判の声が上がっている。1月31日の大阪国際女子マラソンで、福士加代子が2時間22分17秒という日本歴代7位の好記録で優勝したものの、日本陸連からは「代表決定」の明言がなかった。このため、福士は最後の選考レース、3月13日の名古屋ウィメンズマラソンにも出場すると表明、1カ月半の間隔で2レース走ることになり、代表に決まったとしても、選手への負担が大きすぎるのではないか、という懸念の声が出ているのである。(※その後3月1日、名古屋ウィメンズマラソンの欠場が発表された)

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1880文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

福士加代子
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ