Before The GameBACK NUMBER

VARと審判の権威。
~最終的に生身の人間が判断する、
という部分は守られるべきなのでは~ 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama/JMPA

posted2018/07/08 15:00

VARと審判の権威。~最終的に生身の人間が判断する、という部分は守られるべきなのでは~<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

6月22日のコスタリカ戦でネイマールが倒れ込んだ問題のシーン。

 ビデオ判定の普及はパラドックスをもたらす。

 ロシア・ワールドカップからビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が導入されて、判定が覆されるケースが続出している。

 象徴的な例はグループリーグE組のブラジル対コスタリカ戦でのブラジルFWネイマールの“シミュレーション”だった。後半33分、ペナルティーエリア内でボールを受けたネイマールが相手DFをかわしきれずにのけぞるように倒れ込み、PKの判定をもらった。

 これまでならば確実にブラジルはPKを得ていたはずだが、VARはネイマールの演技を映し出していた。ビデオ検証の結果、PKはとりけされ、それに不服を示したネイマールは逆に主審からイエローカードを出される結果となった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1001文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

西野ジャパン23人の真実。

Sports Graphic Number 2018/7/9特別増刊

西野ジャパン23人の真実。

 

VAR
ネイマール
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ