Before The GameBACK NUMBER

正しさとは冷たさでもある。~間違えない機械と、間違える人間の審判はどちらがスポーツ的か~ 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/07/11 16:30

正しさとは冷たさでもある。~間違えない機械と、間違える人間の審判はどちらがスポーツ的か~<Number Web> photograph by Getty Images

コンフェデ杯チリ―カメルーン戦、ゴールをとりけされたバルガス。

 電話ボックスに若者が詰まっている。尻と尻のあいだに顔がある。変なところに突き出た腕と脚が交差している。米国の大学生の馬鹿騒ぎだ。昔、そんな写真を見た。若者向けの雑誌に載っていた。

 ラグビーのゴール前で大男どもが折り重なる。トライか。そうでないのか。いつも「電話ボックスにさて何人?」が思い浮かぶ。

 レフェリーが膝を折り、楕円球が芝に着いたか確かめようと試みてあきらめ、両手の指で四角を示す。モニター画面のつもりだ。

 TMO。テレビジョン・マッチ・オフィシャル。映像をスロー再生、別室の担当審判がストップ画像もまじえミクロの成否を解明する。国際試合の場合、仮に得点を認めるなら「ユー・メイ・アワード・ザ・トライ」という決まり文句を主審に無線で告げる。2001年からテクノロジーの使用は認められ、すっかり定着した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 921文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

清原和博「告白」

Sports Graphic Number 930

清原和博「告白」

 

VAR

海外サッカーの前後の記事

ページトップ