ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

トルシエ、カタール戦の森保Jを嘆く。
「優しさに満ちて無味無臭だった」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/02/05 11:30

トルシエ、カタール戦の森保Jを嘆く。「優しさに満ちて無味無臭だった」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

オーバーヘッドによる先制点を決めたカタール代表のFWアルモエズ・アリ。トルシエをして「別世界のシュート」と言わしめた。

森保監督の批判は誰にもできない。

――それはそうです。

「だが今の日本代表チームは、それでも契約条件を満たしたと思うが。

 決勝に進んだ森保監督を批判することは誰にもできないはずだ。彼はチームを構築し、まだまだ仕事はあるとはいえ、ここまで素晴らしいパフォーマンスを発揮したのは間違いないのだから。

 カタールに負けたのは異論の余地がなく……ちょっとフランス対ポルトガルのEURO2016決勝に似ていた。敗北にフラストレーションが溜まったのも」

――私はむしろフランス対クロアチアのワールドカップ決勝になるかと予想していたのですが、フランス対ポルトガルになってしまいました。

「フランスにとって苦い敗北だったが、それが2年後のワールドカップ優勝に繋がった」

――日本もフランスのようになるといいです。メルシー、フィリップ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5 6

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フィリップ・トルシエ
森保一

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ