フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

13歳で全米制覇のアリサ・リュウ。
フィギュア界に新たなスター誕生か。

posted2019/02/02 08:00

 
13歳で全米制覇のアリサ・リュウ。フィギュア界に新たなスター誕生か。<Number Web> photograph by Gregory Shamus/Getty Images

13歳にして全米制覇したアリサ・リュウ。3アクセルもマスターしており、末恐ろしい才能と言える。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Gregory Shamus/Getty Images

 1月27日に終了した全米選手権で、新女王が誕生した。

 カリフォルニア生まれの13歳、アリサ・リュウである。14歳で全米選手権タイトルを手にしたタラ・リピンスキーの記録を破り、史上最年少の全米チャンピオンになった。

 NBCのコメンテーターを務めていたリピンスキーは、試合終了後リュウに直接会って、「記録は破られるためにあるもの。あなたの成し遂げたことを、とても誇りに思います」と祝福したという。

 リュウが国際的に初めて注目されたのは、昨年の8月のこと。

 今シーズンからチャレンジャーシリーズの1大会となった、アジアフィギュア杯のノービス部門で、フリーで3アクセルを成功させて本田紗来に10ポイントあまりの点差をつけて優勝した時である。この時、ISUが承認した3アクセルを跳んだ女子の中で、最年少の記録を作った。

3度の3アクセルに成功!!

 デトロイトで開催された2019年の全米選手権でも、SPとフリーで合計3度の3アクセルを成功させた。

 米国の女子として3アクセルを成功させたのは、トーニャ・ハーディング、キミー・マイズナー(全米選手権のみでISUの記録には残されない)、長洲未来に次いで、史上4人目となる。

「得点が出たときは、まだ1人スケーターが残っているので(順位は)わからないと思った。でも自己ベストスコアを更新してフリーをミスなく滑り切ることができて、本当に嬉しいです」と語ったリュウ。

 結局217.51のスコアで、昨年のチャンピオン、ブレイディ・テネルをおよそ4ポイント差で振り切って初優勝を遂げた。

【次ページ】 世界ジュニア選手権に出られない理由。

1 2 3 4 NEXT
アリサ・リュウ
タラ・リピンスキー
ブレイディ・テネル
アンナ・シェルバコワ
アレクサンドラ・トゥルソワ
アリョーナ・コストルナヤ
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ