テニスPRESSBACK NUMBER

思考すら振り切る「大坂なおみ時代」。
なぜ彼女だけが達成できたのか。 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/01/27 12:30

思考すら振り切る「大坂なおみ時代」。なぜ彼女だけが達成できたのか。<Number Web> photograph by AFLO

世界ランキング1位となり、表彰式でも「スーパースター」と紹介された。「大坂なおみ時代」が本当に来たのだ。

思考がついていかないほどの状況。

 大坂は以前、「私はネガティブな考えになりやすくて、たとえば0-30になったらそのゲームはどこかでもうあきらめてしまっている」と言っていたことがあるが、この決勝戦では0-30どころか0-40からキープした大事なゲームがあった。台湾のシェイ・スーウェイとの3回戦でも、ほとんど負けを覚悟した場面で相手のサービスゲームを40-0からブレークした。切れそうで切れない、崩れそうで崩れない。その執念と気迫は、0-6、0-5からでも試合をひっくり返すイメージのセリーナと重なる。

 やっと現れた“ポスト・セリーナ”はこの先、その背中にどこまで近づくのか。“なおみスラム”はもちろん、セリーナさえ成し遂げていない年間グランドスラムも可能性はある――正直言ってそんな状況に思考がついていかない。楽しみというよりむしろ恐怖に近い感覚である。

<テニス開幕特集>ラブゲームで行こう。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大坂なおみ
サーシャ・バイン
ペトラ・クビトバ

テニスの前後のコラム

ページトップ