オリンピックPRESSBACK NUMBER

ベテラン藤野、新鋭上野は伸び盛り。
フェンシング高円宮杯を見逃すな!

posted2019/01/23 07:00

 
ベテラン藤野、新鋭上野は伸び盛り。フェンシング高円宮杯を見逃すな!<Number Web> photograph by Yasunobu Seo

昨年12月の全日本選手権で優勝インタビューを受ける藤野大樹。4度目の日本一だが、まだ五輪出場はない。

text by

宮田文久

宮田文久Fumihisa Miyata

PROFILE

photograph by

Yasunobu Seo

 2019年1月26日・27日に開催される「JAL Presents 2019高円宮杯 フェンシングワールドカップ東京大会(男子フルーレ個人・団体)」。

 港区スポーツセンター(JR山手線、京浜東北線田町駅より徒歩5分)で開催されるが、入場は無料。観客はピットをスタンディングで囲み、世界中から集ったトップフェンサーを間近で応援できるという趣向が凝らされた、世界でも類を見ないビッグイベントとなる。

 男子フルーレは、太田雄貴(現日本フェンシング協会会長)が北京五輪で個人銀メダル、ロンドン五輪で団体銀メダル(太田、千田健太、三宅諒、淡路卓)を獲得。フェンシング3種目(エペ、フルーレ、サーブル)の中で唯一五輪でメダルを獲得しており、現在も今大会のポスターに抜擢された松山恭助、西藤俊哉、敷根崇裕、鈴村健太をはじめ、力のある日本人フェンサーが揃っている。

 しかし昨年12月の全日本選手権で、輝きを見せたのは、彼らではない、2人のフェンサーだった。

31歳の藤野と19歳の上野。

 ひとりは、4度目の日本一となった31歳の藤野大樹(デンソー岩手)。LEDや音楽など華やかな演出がなされ、満員となった東京グローブ座の特設ピストで行われた決勝戦で、15-14の接戦をものにした。彼の歓喜のガッツポーズを、スポーツニュースなどで目にした方も多いだろう。

 もうひとりは、その決勝で惜しくも敗れた、19歳の上野優斗(中央大)である。上野は藤野相手に、一時は14-12とリード。栄冠まであと1ポイントというところまで迫っていたが、そこからの逆転劇を許しての準優勝。

 それでもこの大会での躍進とその果敢なプレーぶりは、観客の心を掴んでいた。

 ポスターの被写体となった4人ではなく、この2人が決勝の舞台に上がったことは、さまざまな意味がある。

 ポスターの4人は、いずれも1996~98年の間に生まれた選手であり、いわば「黄金世代」。しかし、彼ら「黄金世代」をおしのけて、ベテランの藤野、フレッシュな上野が結果を残したことは、男子フルーレ界の層の厚さを示している。

 また、二人ともに高円宮杯に出場する。彼らが全日本選手権の勢いそのままに、躍進を遂げる可能性も、十分にあるのだ。

【次ページ】 リオを逃した藤野の全日本優勝。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

藤野大樹
上野優斗
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ