オリンピックPRESSBACK NUMBER

フェンシング高円宮杯W杯を戦う
若き精鋭。松山、西藤、鈴村の覚悟。 

text by

宮田文久

宮田文久Fumihisa Miyata

PROFILE

photograph byYasunari Kikuma

posted2019/01/17 07:30

フェンシング高円宮杯W杯を戦う若き精鋭。松山、西藤、鈴村の覚悟。<Number Web> photograph by Yasunari Kikuma

全身ビームスのスーツに身を包んだフェンサーたち。写真中央上が松山、下が西藤、左が鈴村。

東京五輪で金メダルを狙うため。

 プレースタイルも、模索を続けてきた。彼の発言からは、目にもとまらぬ鍔迫り合いを見せるフェンサーたちが、その最中で体感している奥深さを窺い知ることができる。

「今までは積極的攻撃でポイントを取っていくことが多かったんです。でも、『西藤は攻撃が強いから』と、審判の『アレ』(始め)の合図でガンガン前に出てきて、下がってくれないんです。前へ前へと出てくる相手に対して、どう戦えばいいのかを考えています。

 ポイントを取れるディフェンスを持っていれば、攻撃しても点が取れないから、相手も下がらざるをえなくなる。『パラードリポスト』(防御からの攻撃)や『コントルアタック』(相手の攻撃を避けながらの攻撃)といったテクニックを課題にして練習しています」

 同世代が、高円宮杯で、その先の東京五輪へ向けてしのぎを削る――その状況は、当の選手たちにとってはとても厳しく、同時に充実した環境でもある。

「東京五輪では、個人と団体の金しか狙っていないです。世界選手権で2位になった時も、表彰台の僅かな高さの差が、すごく悔しかった。その時、最後まで金メダルを“欲しがれる”気持ちが僕にはなかったんだな、と感じました。自分が世界一になるという覚悟をどれだけ持っているか、といいますか。

 でも、太田さんが北京五輪で銀メダルを獲って以降、一気に僕たち後輩にとっても、メダルを獲得することが現実味を帯びてきた。それは、次の世代にもっと大きな形でつないでいきたい。僕たちがメダルを獲れば獲るほど、目標のアベレージが変わってくるし、試合を見る子どもたちにとっても同じはず。高円宮杯で結果を出せれば、僕の人生も変わるし、僕から何か大きなものを変えることができるかもしれない。そういうチャンスでもあると思うんです」

 それぞれに逆襲を誓う、若き日本人フェンサーたち。ぜひ、彼らのフェンシングを生で感じてほしい。

▼大会概要▼
JAL Presents 2019 高円宮杯フェンシングワールドカップ東京大会 
男子フルーレ個人戦および団体戦
開催日    平成31年(2019年)1/26(土)、27(日)
会場    港区スポーツセンター(東京都港区芝浦1-16-1 みなとパーク芝浦内6階)
観戦入場料    無料(オールスタンディング)

大会スケジュール ※プログラムは進行によって変更することがあります

1月26日(土) 個人戦
9:30~17:25 決勝トーナメント(上位4名決定)
17:25~18:45 準決勝・決勝
18:45~19:15 表彰式

1月27日(日) 団体戦
10:00~14:00 決勝トーナメント
14:00~17:15 準決勝
17:15~18:30 決勝
18:30~19:00 表彰式

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松山恭助
西藤俊哉
鈴村健太

他競技の前後のコラム

ページトップ