“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

新潟・早川史哉、病から本格復帰。
「不安なのは体力面より気持ち」
 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/12/30 08:00

新潟・早川史哉、病から本格復帰。「不安なのは体力面より気持ち」<Number Web> photograph by Takahito Ando

筑波大でトレーニングに励む早川史哉。気持ちのバランスを整え、2019年の戦いに臨む。

母校グラウンドの貴重な時間。

 真剣な表情だった。だからこそ、彼は自分の支えを求めて、母校のピッチに帰って来たのだった。

「久しぶりの筑波大グラウンドは時間がゆっくり流れている気がして、やっぱり好きですね、この感じは。白血病が治って、一度だけ大学には来たことがあったのですが、このグラウンドに入って練習できなかったので、ここに立つのは、卒業して以来。僕にとってはプロでやっている時間より、ここで過ごした時間の方が長いので、心休まる場所であり、落ち着ける場所ですよね」

 これから始まる“茨の道”に向けて、ひとときのエネルギー補給ができた。初心を思い返し、自分の人生に気付きを得る。すべてはこれから自分自身の枠を越えて、チャレンジし続けるために――。

「1月中旬からキャンプが始まりますが、そこで間違いなく自分は苦しむのだろうなという覚悟は出来ています。もちろん、そこで打ち克って、開幕スタメンも目指さないといけないと思っています。その意識で取り組まないと、プロサッカー選手として一生なあなあでやってしまうと思うので」

関連記事

BACK 1 2 3 4
早川史哉
アルビレックス新潟
筑波大学

Jリーグの前後の記事

ページトップ