Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<アントラーズの栄光と共に>
神様が怒った「Jリーグ開幕」

posted2018/12/29 12:00

 
<アントラーズの栄光と共に>神様が怒った「Jリーグ開幕」<Number Web> photograph by KASHIMA ANTLERS

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

KASHIMA ANTLERS

 チケットはプラチナ化し、練習場にも人が溢れた。
 プロサッカーリーグ開幕の興奮と混乱の中で、勝者としての確固たる基盤を築いたクラブがある。
 鹿島アントラーズ。その中心に、王国の10番がいた。

 ジーコが、いた。

 ほかの誰でもない。かつてサッカー王国ブラジルの10番を背負い、「神様」とまで呼ばれた男が、圧倒的な存在感を放って、そこに立っていた。

 1993年、元号では平成5年である。バブルがはじけたばかりの日本に、プロのサッカーリーグが誕生した。構想から足かけ6年で築き上げたJリーグだ。

 熱狂が渦巻いていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3885文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

鹿島アントラーズ
ジーコ

Jリーグの前後の記事

ページトップ