球体とリズムBACK NUMBER

マリノスの変化は確実に進んでいる。
ポステコグルーが掲げる志の壮大さ。 

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2019/01/01 11:00

マリノスの変化は確実に進んでいる。ポステコグルーが掲げる志の壮大さ。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

ポステコグルー監督の哲学はJリーグの中でも尖っている。それだけに、まだチームの天井は見えない。

ペップも1年目は無冠だった。

 ギリシャ系オーストラリア人指揮官の1年目は、成功とは言えないが、失敗でもない。リーグ戦では残留争いに巻き込まれたが、ルヴァンカップでは17年ぶりの優勝まであと一歩に近づいた。グアルディオラもシティでの1年目は、自身の監督キャリアで初となる無冠で終わっている。そして2年目の昨季、オフに自らの戦術に合う選手を補強した後、史上稀に見る圧巻の強さでプレミアリーグを首位で駆け抜けた。

 つまり、来季は勝負の年になる。ポステコグルー監督が2年目に望む戦力を補強でき、その上で優れた指導力を発揮すれば、名門は真の復活の足がかりを掴むのではないか。その行く末には、マリノス・サポーターが見たこともないくらい壮大なチームがあるかもしれない。練習の指導を担当するコーチのピーター・クラモフスキーが「日本を揺るがすのはこれからだ」と言っていたように。

 まずはこのオフシーズン、どんな布石が打たれるのか。そこから注目したい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
横浜F・マリノス
アンジェ・ポステコグルー

Jリーグの前後の記事

ページトップ