JリーグPRESSBACK NUMBER

イニエスタの存在がJに与えた恩恵。
謙虚で自然体のスター、2年めへ。

posted2019/01/04 11:00

 
イニエスタの存在がJに与えた恩恵。謙虚で自然体のスター、2年めへ。<Number Web> photograph by Getty Images

Jリーグでイニエスタがプレーすることの効果の大きさを想像しきれていた人などいるのだろうか。

text by

吉田治良

吉田治良Jiro Yoshida

PROFILE

photograph by

Getty Images

 外付けハードディスクに溜まった録画番組を、ごっそり消していく。

 年末の大掃除とばかりに、えいやっと消去ボタンを押すと、回復した容量の分だけ自分の身体も軽くなったような気がする。

 サッカー番組なら、シーズン単位だ。基本的に、前のシーズンの試合は消していく。もちろん、なかには消すべきか、残すべきか迷う試合もある。

 そのひとつが、2017-18シーズンのラ・リーガ最終節、バルセロナ対レアル・ソシエダの一戦だった。

 すでにバルサの国内2冠は決まっていて、しかも前節に伏兵レバンテに敗れたことで、無敗優勝の望みも絶たれていた。一方のソシエダも、最終節を前に1部残留を決めている。つまりは消化試合だ。

 けれど、ただの消化試合ではなかった。それは、アンドレス・イニエスタのバルサでの最後の試合だった。リモコンを操作する手がピタリと止まる。

 イニエスタのバルサでの22年間は、始まりも終わりも涙だった。

 12歳の時、故郷のフエンテアルビージャを出て、単身ラ・マシア(バルサの下部組織寮)に入寮したその日から極度のホームシックにかかった色白の少年は、来る日も来る日もひとり涙に暮れていた。心配した両親は2週間おきにラ・マシアを訪れたが、別れ際がまたひと騒動で、いつまでも泣きじゃくるアンドレス少年は、ラ・マシアのちょっとした名物になっていたという。

バルサでの最終戦も涙だった。

 それから22年後。『ムンド・デポルティーボ』紙によれば7917日後の2018年5月20日、ソシエダとの最後の試合を終えたイニエスタは、カンプノウのスポットライトの中にいた。消化試合にもかかわらず集まった8万人を超えるファンが見つめる中、惜別のセレモニーで彼は、こう言って涙を流すのだ。

「僕にとって世界一のクラブで、素晴らしい22年間を過ごせたことを誇りに思います。僕はひとりの子どもとしてここへ来て、ひとりの男としてここを出て行きます。何度も何度も、僕に残るよう求めてくれてありがとう。みんなはいつまでも僕の心の中にいます」

 チームメイトに胴上げされ、手を振りながらスタジアムを一周し、静かに打ち上げ花火を見つめる姿を見て、いや、セレモニーが終わってもひとり無人のピッチに座り、物思いに耽るイニエスタの背中を見て、彼がここで燃え尽きてしまったように感じたのは、おそらく私だけではないと思う。

【次ページ】 彼はもうアンドレス少年ではなかった。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アンドレス・イニエスタ
ヴィッセル神戸

Jリーグの前後のコラム

ページトップ