JリーグPRESSBACK NUMBER

ガンバの逆襲は「簡単ちゃう」。
今野と遠藤の後継者を今度こそ。

posted2019/01/05 11:00

 
ガンバの逆襲は「簡単ちゃう」。今野と遠藤の後継者を今度こそ。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

見事な采配でガンバを立て直した宮本恒靖監督。就任2年目の2019年はさらなる手腕が問われる。

text by

下薗昌記

下薗昌記Masaki Shimozono

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 新たに招いたブラジル人監督による低迷と、火中の栗を拾う格好で急遽、監督に就任したクラブのOB。クラブ史上初のJ2降格という、究極のバッドエンドに終わった6年前のストーリーをなぞるような形で進んだ2018年のガンバ大阪だったが、結末だけは対照的な形で、2度目の悲劇は免れた。

 クラブタイ記録となる9連勝を飾った11月24日の長崎戦は、激動のシーズンにおけるホーム最終戦。パナソニックスタジアム吹田では、サポーターへの感謝を伝える恒例のセレモニーが行われていた。

 大ブーイングで迎えられた山内隆司社長のあと、マイクを握った宮本恒靖監督は「我々は来シーズン、このピッチでもっとレベルの高いことをやります」と力強い口調で言い切った。

「約束ごとなし」「戦力なし」「体力なし」というないない尽くしの中でチームの指揮を託された若きレジェンド監督は、9月以降、今野泰幸の戦線復帰とアジア大会で不在だったファン・ウィジョの再合流を追い風に、見事にチームを立て直す。

 Jリーグ史上例を見ない熾烈な残留争いの中で、ガンバ大阪は21年ぶりとなる9連勝を達成。当時首位を走っていた広島や、川崎、浦和など上位陣をことごとく打ち破って積み上げたタイ記録が、ケチのつけようがない快進撃だったのは事実である。

「そんな簡単ちゃうと思います」

 しかしながら、宮本体制での2年目に、今季のスローガンだった「奪還」を期待するのは時期尚早というものだ。

 12月2日の解団式後、番記者たちに今季の手応えを問われた若き指揮官は、いわば「火事場の馬鹿力」的な勢いに後押しされた9連勝についても、浮つくことなく、こう言い切った。

「残留に向けて皆がパワーを持って1つの方向を向いてやったからこそ出たものもある。来シーズンはまた違うものになる」

 そして、自らに言い聞かせるように、大阪弁でこう続けるのだ。

「(来季は)そんな簡単ちゃうと思います」

【次ページ】 今野と遠藤のバックアップが急務。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ガンバ大阪
宮本恒靖
遠藤保仁
今野泰幸
高宇洋

Jリーグの前後のコラム

ページトップ