オリンピックPRESSBACK NUMBER

4連覇&世界記録はあくまでステップ。
東京に向け、瀬戸大也の挑戦は続く。

posted2018/12/26 16:30

 
4連覇&世界記録はあくまでステップ。東京に向け、瀬戸大也の挑戦は続く。<Number Web> photograph by AFLO

来年7月に韓国・光州で開催される世界選手権を制し、東京五輪代表の座を掴むことがまずは目標となる。

text by

田坂友暁

田坂友暁Tomoaki Tasaka

PROFILE

photograph by

AFLO

 2年に一度、短水路(25mプール)で行われる世界水泳選手権(25m)。今年は12月11日から、中国・杭州で第14回大会が開催された。

 第11回~第13回までの3大会、400m個人メドレーで世界短水路3連覇を果たしていた瀬戸大也(ANA)は、まず初日の200mバタフライで「出るとは思っていませんでした」と自身も驚く1分48秒24の短水路世界新記録を樹立。

 勢いに乗った瀬戸は、男子400m個人メドレーでも3分56秒43で優勝。日本人初となる4連覇を達成した。この日、日本から駆けつけていた家族に目標としていた400m個人メドレーでの世界記録樹立の瞬間は見せられなかったものの、「4連覇もなかなか見せられないことだと思うので、胸を張って金メダルを見せたいと思います」と笑顔を見せた。

「俺は何をやっているんだろう」

 始まりは6年前。2012年12月に行われたトルコ・イスタンブールでの第11回大会だった。

 ロンドン五輪の代表選考会を兼ねた同年4月の日本選手権前、当時高校生だった瀬戸はインフルエンザを発症。調子を取り戻すことができず、400m個人メドレーで3位となって代表入りを逃す。

 同時に、同級生のライバルである萩野公介(ブリヂストン)が同種目を制し、初の五輪代表、そしてロンドン五輪本番でマイケル・フェルプス(アメリカ)の追撃をかわして銅メダルを獲得する。

「俺は何をやっているんだろう」

 目標としていた五輪代表権を逃し、どこか練習に身が入らない日々を送っていた瀬戸は、萩野の活躍を見て一念発起。メダリストとなった萩野との直接対決となった9月の岐阜国体で優勝したことを皮切りに、いつもの元気を取り戻していく。

 そして同年12月にイスタンブールで行われた、第11回大会の400m個人メドレーで、世界の並みいる強敵を倒して世界大会初優勝。短水路での大会とはいえ、ライバルよりも先に、瀬戸は世界一に輝いたのである。

【次ページ】 思わず弱音を吐く場面も。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

瀬戸大也
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ