オリンピックPRESSBACK NUMBER

バドミントン世界1位の野心と我慢。
全日本連覇・山口茜の幅が広がった。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byItaru Chiba/AFLO

posted2018/12/21 10:30

バドミントン世界1位の野心と我慢。全日本連覇・山口茜の幅が広がった。<Number Web> photograph by Itaru Chiba/AFLO

12月2日の全日本決勝では奥原希望を2-1(21-16、17-21、21-11)で破り、2年連続3度目の優勝。

結果にこだわらず戦った成果。

 第3ゲームでは奥原の決め球に対する防御でも成長の手応えを感じた。そこでは、全日本総合選手権で久々に出場したダブルスでのプレーが生きた。

「レシーブで相手のチャンス球もしっかり返すことができていたのは、今回ダブルスをやっていたお陰かもしれません」

 全日本総合選手権では、試合に臨む際のメンタルコントロールの面で、ユーバー杯やアジア大会といった団体戦での苦い経験を生かすこともできた。それは、結果にこだわらずに戦うということ。

「わたしの場合は結果を見るとうまくいかないことがある。こだわらない方が良い結果が出ていると思いました」

 着実な前進の陰にあるのは、勇気を出してのチャレンジと、チャレンジから得たものを自身にフィードバックする力。

「やり方次第で自分のプレーはまだまだ広がっていくなと感じました」

 変化と気づきをもう1つ。控えめで口数の多い方ではなかった山口から、多くの言葉を聞けるようになった'18年でもあった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
山口茜
奥原希望
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ