Number ExBACK NUMBER

草なぎ剛が金メダリストに教えた
萩本欽一直伝「辛いときこそ笑え」

posted2018/12/20 08:00

 
草なぎ剛が金メダリストに教えた萩本欽一直伝「辛いときこそ笑え」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

対談前にはパトリック選手の指導で、草なぎさんも車いすバスケを体験。「3ポイントは絶対に届かない!」と悲鳴。

text by

川村由莉子(Number編集部)

川村由莉子(Number編集部)Yuriko Kawamura

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 大きな反響を呼んでいる連載、「語ろう! 2020年へ 新しい地図×Paralympic Athletes」。稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が、東京パラリンピックでの活躍が期待されるパラリンピアンと対談していくシリーズ企画だ。

 12月20日発売の968・969号に掲載している第3回では、ホストを草なぎ剛さんが務め、ゲストには約20年にわたり車いすバスケ界をリードしてきたカナダ代表のパトリック・アンダーソン選手を迎えた。

 誌面では、異分野の2人が感じているチームの若い世代との関わり方や、日本代表がもっと強くなるために必要なことなど、魅力的な話がたっぷりと掲載されているが、ここでは対談に掲載できなかった余話を紹介したい。

 パトリック選手は“車いすバスケ界のマイケル・ジョーダン”との異名を持つ、スーパーアスリート。これまでシドニー、アテネ、北京、ロンドンと4度パラリンピックに出場し、金メダル3個、銀メダル1個を獲得している。

 そんな彼には、アスリートとは別の“もうひとつの顔”があるという。

音楽活動するパラリンピアン。

 パトリック選手がバスケに加えて熱心に打ち込んでいるのが音楽活動だ。これが趣味の域をはるかに越えている。北京とロンドンのパラリンピック後は、音楽活動に注力すべく競技から離れた時期もあったほどだ。

 妻のアンナさんと共に曲を作り、パトリックさんはギターヴォーカルも担当、CDを3枚も出しているという本格っぷりである。

 これには草なぎさんも興味津々だ。

「ライブとか行ってみたいですね。実は僕も最近ギターにハマっていて、曲作りにも挑戦しているんです。仕事の合間に練習しています。決して上手くはないんですが、続けていれば身になるかなと」

【次ページ】 仲睦まじい夫婦の関係。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

草なぎ剛
パトリック・アンダーソン

他競技の前後のコラム

ページトップ