ラグビーPRESSBACK NUMBER

平尾誠二との約束、日本一で結実。
神戸製鋼を変えたカーターと総監督。

posted2018/12/19 08:00

 
平尾誠二との約束、日本一で結実。神戸製鋼を変えたカーターと総監督。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

2年前に亡くなった“日本ラグビーのレジェンド”平尾誠二氏の遺影を手にするゲームキャプテンの橋本大輝。

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 真紅のジャージーが、自由自在、縦横無尽に芝の上を駆け回り、次々とインゴールに走り込んだ。

 2018年12月15日、快晴の秩父宮ラグビー場で行われたラグビートップリーグ総合順位決定トーナメント兼日本選手権決勝は、神戸製鋼が55-5というビッグスコアで、3連覇を目指したサントリーを破り、優勝を勝ち取った。

 トップリーグの優勝は、総当たり戦のみで実施されたリーグ発足元年の2003年度以来15季ぶり。日本選手権優勝は、サントリーとの引き分けで飾った2000年度以来、18季ぶりで、単独での優勝となるとその前年、1999年度以来19季ぶり。21世紀になってからは初めてとなる。

 かくも長きにわたり、頂点から遠ざかっていた赤い軍団は、いかにして蘇ったのか。

カーターは恐ろしく謙虚だった。

 誰もが「これしかないでしょ」と挙げるファクターは、世界一の司令塔と謳われるダン・カーターの加入だ。

 オールブラックスのSOとして112キャップを持ち、ワールドカップには2003年から4大会連続で出場し、2015年には初のワールドカップ連覇を達成した。テストマッチ通算得点1598は世界最多記録。世界ラグビーの統括団体ワールドラグビーの世界最優秀選手賞も3度にわたって受賞している。

 たとえるなら、サッカーならメッシ、バスケットならジョーダンのような存在か。

 しかし、このスーパースターは、恐ろしいほどに謙虚なのだった。

「新しい国の新しいクラブに行ったときは、そこの新しい仲間に認めてもらうためにハードワークしなければならないんだ」

「7月に日本に来てチームに合流したとき、チームのみんなが、春からハードワークをたくさん重ねてきたことがすぐに分かった。そのチームに対して自分がいかにフィットできるか、貢献できるかということを考えた」

【次ページ】 「特別なことは何もしない」

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

神戸製鋼
平尾誠二
ダン・カーター
ウェイン・スミス

ラグビーの前後のコラム

ページトップ