バレーボールPRESSBACK NUMBER

時には聞き入れない勇気と、欲。
松本慶彦37歳は今もVリーグで一流。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byBlazers sports club

posted2018/12/12 17:00

時には聞き入れない勇気と、欲。松本慶彦37歳は今もVリーグで一流。<Number Web> photograph by Blazers sports club

Vリーガー16年目のシーズンを戦う37歳の松本。現在も主力として活躍している。

16年目も新しい戦術に挑戦。

 Vリーガー16年目を迎えてもなお、新しいチームコンセプトや戦術への挑戦は続く。

 松本は学生時代には各世代代表に入り、その後も最初に入団したNECブルーロケッツ、移籍した堺や全日本代表も経験している。実に多くの監督や指導者のもとで、様々な戦略と対峙し、それを取り入れてプレーしている。

「チームのトップは監督なので、まずは監督のやりたい、理想としているバレーに近づこうと思って練習します。バレーボールの技術って、人によってレシーブの取り方も、スパイクの打ち方も違う。ただ、どの指摘も『その選手をより良くしよう』と思ってのことだから、正解も不正解もない。

 大事なのは自分に合うかどうか、そのプレーが自分にマッチするかしないか。そこをしっかり見極めることが大事だと思いながらやってきました」

聞き入れない勇気の必要性。

 一度はアドバイスを聞いても、自分に合わないと思えば「聞き入れない勇気」も必要だと松本は言う。

 今シーズン当初は、若手の起用も予測されていたが、同じポジションの選手の故障などもあって、相変わらず松本の出番は多い。そんな松本だが、折に触れて後輩の成長には期待をかけていた。

「うちには出耒田(敬)や竹元(裕太郎)など2m近くあって、手が長く、横幅もある選手がいます。いわゆる海外チームに多い、ミドルブロッカーらしいミドルブロッカーです。そういう風に2m近くて、しっかりと動ける選手は日本では貴重。

 だから若い竹元には早く僕を脅かしてほしいんですよ。試合に出て経験を積んでほしいと思う。後輩を育てたいし、育たないと困る」

 とはいえ、実際にプレーを見れば、松本の安定感はやはり群を抜いているのだ。

「もちろん、自分だって選手なので試合に出たいんですけど、一方で若手には『松本が出ているようじゃダメだ』と思って練習してほしいんです。そうやって若いミドルブロッカーが出てきてくれないと、ブレイザーズや日本のバレーボール界のためにはダメだと思います」

【次ページ】 ミドルブロッカーの人材不足。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松本慶彦
堺ブレイザーズ

バレーボールの前後のコラム

ページトップ