メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

日本人に縁深いマリナーズの改革、
イチロー&菊池雄星にも影響が?

posted2018/12/09 09:00

 
日本人に縁深いマリナーズの改革、イチロー&菊池雄星にも影響が?<Number Web> photograph by Getty Images

イチローのイメージが強いマリナーズが、チームの再構築を進めている。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 まさに、腹を括ったかのような動きの連続だった。

 長年低迷の続くマリナーズが、文字通り「オフの主役」として、アグレッシブな動きを見せている。師走の声を聞くまでもなく、オフシーズンに入った途端、ジェリー・ディポトGMは、大胆な改革を進めてきた。

「大改革」と言えば聞こえはいいが、その手法は、ほぼ「解体」に近い。

 ワールドシリーズが終了し、ポストシーズンのゴングが鳴るのを待つかのように、ディポトGMは、迅速にアクションを起こした。

主力クラスが次々トレード。

 12月3日時点で、以下、メジャー枠内の主力選手のトレードを次々に成立させた。

(1)正捕手マイク・ズニーノ、外野手ジラーモ・ヘレディア、マイナー左腕をレイズへ放出し、俊足外野手マレックス・スミス、マイナー外野手を獲得。

(2)今季11勝、208奪三振の先発左腕ジェームス・パクストンをヤンキースへ放出し、期待のマイナー3選手を獲得。

(3)今季70試合に登板し、12セーブを挙げたセットアッパー右腕アレックス・コロメをホワイトソックスに放出し、攻撃力のある若手捕手オマー・ナーバエスを獲得。

(4)通算311本塁打、2470安打の内野手ロビンソン・カノ、今季メジャー最多となる57セーブを挙げたエドウィン・ディアスをメッツへ放出。強打の外野手ジェイ・ブルース、中継ぎ右腕アンソニー・スウォーザク、期待のマイナー3選手を獲得。

(5)オールスター遊撃手ジーン・セグラ、セットアッパー右腕のフアン・ニカシオ、中継ぎ左腕ジェームス・パゾスと、フィリーズの主砲カルロス・サンタナ、若手遊撃手J.P.クロフォードを交換。

 このほか、通算360本塁打の実績を持つ指名打者ネルソン・クルーズ、キャメロン・メイビン、デナード・スパンの両外野手、中継ぎ右腕ニック・ビンセントのFA退団が決定的となっており、ベンチ入り25人枠だけでなく、来季のスタメン自体が読めないほど、チーム全体をシャッフルし、顔触れと空気を入れ替えた。

【次ページ】 今もワールドシリーズ未経験。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

シアトル・マリナーズ
イチロー
菊池雄星

MLBの前後のコラム

ページトップ