F1ピットストップBACK NUMBER

王者は王者を知る。最後のアロンソに
ハミルトンとベッテルが示した敬意。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/12/02 09:00

王者は王者を知る。最後のアロンソにハミルトンとベッテルが示した敬意。<Number Web> photograph by AFLO

ゴール後、ハミルトン、ベッテルとドーナツターンを見せたアロンソ(手前)。偉大な王者への敬意がサーキットを包んだ。

「僕はレースをやめるわけじゃない」

 アブダビGPはアロンソにとっての311戦目のレースだった。

 しかし、それは彼の引退レースではなく、新たな挑戦へ向かう、節目のレース。だから、アロンソの目には涙はなかった。そして、18年間のF1を振り返って、関係者やファンに笑顔でこう語った。

「多くのファン、そしてこの18年間、僕をサポートしてくれたすべての人々に感謝の言葉を贈りたい。でも、僕はレースをやめるわけじゃない。もう少し、頑張るから、応援してほしい。ありがとうF1」

関連記事

BACK 1 2 3
フェルナンド・アロンソ
ルイス・ハミルトン
セバスチャン・ベッテル
グラハム・ヒル

F1の前後の記事

ページトップ