ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

井上尚弥にも階級の壁は存在する?
気鋭トレーナー3人が語る強さの核。 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/11/29 11:00

井上尚弥にも階級の壁は存在する?気鋭トレーナー3人が語る強さの核。<Number Web> photograph by AFLO

最近では、井上尚弥が苦戦する姿を想像することすら難しい。階級の壁も易々と突破してしまいそうだが。

2階級上ぐらいなら倒せる?

 さて、今のところ苦戦する姿すら想像できない“モンスター”は、今後どうなっていくのだろうか。この先もし、限界が訪れるとすれば、その要因として階級アップが考えられる。

 藤原トレーナーは井上でさえも「階級の壁」は必ず存在すると見ている。

「最近の例では、ローマン・ゴンサレスがフライ級からスーパー・フライ級に上げて、いきなり壁にぶつかりました。長谷川穂積くんもバンタムからフェザーにあげてチャンピオンにはなりましたけど、けっこうしんどかった。ああいう壁がどこかで来るのかなとは思うんです。

 たとえば、井上選手がスーパー・フェザー級の一流どころ、全盛期の内山高志(昨年引退のV11王者)とやったらと考えると、ちょっと厳しいのかな、とも思うんです」

 山田トレーナーも、石井会長も「フェザー級くらいまでは大丈夫」という意見で一致していた。いずれにしても現時点、バンタム級の段階で、3階級くらい上の猛者が出てこなければ、井上とまともに戦える選手はいない、というのが今回登場してもらった専門家の見方だ。モンスター・パフォーマンスはしばらく続きそうである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
井上尚弥

ボクシングの前後の記事

ページトップ