ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

井上尚弥にも階級の壁は存在する?
気鋭トレーナー3人が語る強さの核。

posted2018/11/29 11:00

 
井上尚弥にも階級の壁は存在する?気鋭トレーナー3人が語る強さの核。<Number Web> photograph by AFLO

最近では、井上尚弥が苦戦する姿を想像することすら難しい。階級の壁も易々と突破してしまいそうだが。

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

AFLO

“モンスター”井上尚弥の勢いが止まらない。

 5月に初回KO勝利で3階級制覇を達成し、10月にスタートしたトーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ」(WBSS)バンタム級第1戦では、またしても初回KO勝ち。準決勝、決勝を残しているにもかかわらず、世界のメディアが「井上の優勝は間違いなし」とその圧倒的な実力に半ばあきれている。

 いったい井上はどこまで強くなっていくのか、何級までクラスを上げていくのか―─。

 今回は国内の敏腕トレーナー3人に、井上の実力とその可能性を聞いてみた。

 JBスポーツジムの山田武士トレーナーは、ボクサーだけでなく、キックボクサーや総合格闘技の選手まで、幅広くボクシングの技術を教えている指導者だ。ちなみに同ジムのオーナーは人気ボクシング漫画『はじめの一歩』の作者、森川ジョージ氏。多くのボクシングファンが知るところである。

現実であれをやられたら漫画は……。

 井上のすごさとは何か─―。率直な疑問を山田トレーナーにぶつけると、まずは少年漫画のトップランナーがため息をついた話を紹介してくれた。

「森川先生が言うんですよ。『一歩』はつねにリアルを追求している。漫画だからといって、現実離れしたパンチとかは描かない。ところが井上選手はその上をいってしまっている。現実であれをやられてしまったら、漫画で何を描いたらいいのか困る。そういう話をしてましたよ。それくらい井上選手は“ありえない”の連続なんです」

 3階級上の選手とスパーリングをして、その選手の腕をパンチで折ってしまった。WBOスーパー・フライ級王座の初防衛戦では、ワルリト・パレナスがグローブで顔面をガードしているにもかかわらず、その上からパンチを叩き込んでダウンを奪ってしまった。10月のフアン・カルロス・パヤノ戦も、ほぼファーストコンタクトで70秒KO勝ちだから、これも“あり得ないエピソード”にカウントできるかもしれない。

「『一歩』であんな描写をしたら、たぶんバッシングされると思うんです。そんなのありえねーだろって。井上選手は漫画を超えちゃってるんですよ」

【次ページ】 踏み込み、左ボディ、独特のカウンター。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井上尚弥

ボクシングの前後のコラム

ページトップ