Number ExBACK NUMBER

「ユヅルのほうがスケートが上手」
プルシェンコが語る羽生結弦の実力。 

text by

栗田智

栗田智Satoshi Kurita

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/11/22 11:30

「ユヅルのほうがスケートが上手」プルシェンコが語る羽生結弦の実力。<Number Web> photograph by AFLO

今年1月17日、ロシア・モスクワで行なわれた欧州選手権の開幕式で一緒に滑る、プルシェンコと息子のサーシャ君。

私財をなげうったアカデミー。

 気を取り直して、自身のアカデミーのことについても話を聞く。

 2017年4月にオープンしたフィギュアスケート学校。スケートリンクにはメダル姿のプルシェンコの巨大なパネルが5枚掲げられる。以前訪れたアリーナ・ザギトワの所属するサンボ70フルスタリヌィが牧歌的な雰囲気であるのとは対照的に、こちらは豪華だ。

 建物の2階は雰囲気あるレストランになっていて、窓からリンクを眺め渡すことができる。プルシェンコの奥様ヤナ・ルドコフスカヤさんの姿もそこにあり、息子の練習を見守っていた。

 有力者の子どもたちも練習に通っているとのことで、駐車場には運転手付きの高級車がずらりと並ぶ。開校当初は高額な授業料といったやっかみのような報道も一部あったが、それでも私財を投じてここまでの規模の運営ができていることはすごいこと。そこはやり手プロデューサーたるヤナさんの手腕によるところが大きいだろう。

現在は101名が所属している。

 経営も軌道に乗ったようだ。プルシェンコは「現在は101名が所属しているんです」と生徒のリストをうれしそうに見せてくれた。次のステップとしてスケートリンクをもうひとつ増設するという。現在のリンクは幼児向けとし、新しく建設するリンクはトップ選手専用にする計画だ。

 大会に出場するトップ選手としてはジュニアの2人だけだが、うちひとりは今年エテリ・トゥトベリーゼコーチの元を離れ移籍してきたアナスタシア・タラカノワである。12月のジュニアGPファイナル出場を決めている。

「来年はアイスショーへの出演はなるべく控え、コーチ業に専念しようと考えています。そして来シーズン、有名選手が何人かやってくる予定です。ちょっとしたセンセーションになると思う」

「もしかして〇〇〇〇〇ですか」と選手の名を挙げようとしたのを察してか、「それ以上は秘密」と先手を打つプルシェンコ。ウィンクも忘れない。正式な発表を楽しみに待とう。

プルシェンコのほか、ジョニー・ウィアーや恩師の都築章一郎コーチ、ピアニスト清塚信也が羽生結弦を語ったNumber966号『美しく、強く』をぜひお読みください!

関連記事

BACK 1 2 3
エフゲニー・プルシェンコ
羽生結弦

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ