福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

福西崇史「危機感を持ったはず」
キルギス戦で光った選手は……。 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2018/11/21 17:00

福西崇史「危機感を持ったはず」キルギス戦で光った選手は……。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ボランチでフル出場の守田と先制ゴールの山中。Jリーグで結果を残している2人がキルギス戦での収穫だ。

守田と山中が重宝されるか。

 前線以外では、守田と山中がいい内容のプレーを見せてくれました。

 まずはボランチの守田です。ルーキーイヤーにして川崎でJ1連覇の中心メンバーになったわけですが、代表でクラブでのプレーぶりと同じ力を見せてくれました。3点目の起点となった縦パスも彼からですしね。

 川崎も日本代表と同じく主導権を握りつつ、ボールを奪われたら即奪い返すサッカーを実践しています。同じ中盤では代表クラスの(中村)憲剛、大島とともにプレーしていて、普段から高い連動性、パススピードを経験しているし、当たりの強さも海外チームとの戦いで生きるはず。

 サイドバックもできる万能性があることから、今後重宝される存在になっていくのではないかな、と見ています。

 一方で山中は先制ゴールのシーンが象徴的ですが、クロスだけでなく自らフィニッシュに絡んでいけるし、左足からの強烈なキャノン砲という武器があります。「あんなタイプ、アレックス(三都主)以来じゃないか?」とも思いますしね(笑)。

 守備面ではまだまだ向上の余地がありますが、左利きの攻撃的なサイドバックで十分にオプションになれる、面白い存在なのではないでしょうか。

アジア杯では相手の対策が進む。

 森保監督が「2チーム分の陣容を作りたい」と明言している通り、10月に続いて11月の代表戦でもすべてのフィールドプレーヤーが出場機会を得て、GKも招集した東口、権田、シュミット・ダニエルが先発出場しています。これは間違いなくアジアカップで選手層を厚くしたいと意識してのことでしょう。そういう意味では就任後の5試合を有効活用できたはず。

 チームはここまで4勝1分けと結果を残しましたが、アジアカップなどの公式戦は、本当にやってみないと分からないもの。

 今回のキルギス戦では相手が前線からボールを獲りに来た分だけ、上手くいなして開始早々に先制点を奪えました。ただアジア杯の場合、相手がキックオフ直後から守備ブロックを作ってくる可能性があります。特にグループリーグ初戦はトルクメニスタンで、実力的なことを考えればより徹底的に守備を固めてくるでしょう。

 W杯を経験した柴崎や原口らが招集されれば、上手く試合をコントロールしてくれるでしょうが、優勝を狙うためには1カ月足らずの中で7試合を戦うことになる。この日程だとどうしてもコンディション面の疲労、そして出場停止といった事態も起こります。

【次ページ】 危機感が芽生えたはず。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福西崇史
守田英正
山中亮輔

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ