福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

福西崇史「危機感を持ったはず」
キルギス戦で光った選手は……。 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2018/11/21 17:00

福西崇史「危機感を持ったはず」キルギス戦で光った選手は……。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ボランチでフル出場の守田と先制ゴールの山中。Jリーグで結果を残している2人がキルギス戦での収穫だ。

危機感が芽生えたはず。

 自分が出場した2004年大会もそうですし、その後の2011年大会もレギュラー以外の選手がチャンスを生かし、優勝をつかみ取りました。森保監督はアジア杯でも招集選手をフル活用するはずですから、ベンチに控えるメンバーには奮起が必要です。

 今回招集されていない中にも、実力者は多いです。例えばボランチだと青山、サイドバックには長友、センターバックなら昌子という経験値の高い選手がいます。

 そして何より2列目や最前線には武藤、岡崎、浅野、久保、乾、香川らといった実績ある海外組が数多くいる。彼らもコンディションさえ上がってくれば、招集されても何らおかしくない。

 それだけに少し厳しい表現になりますが、キルギス戦の先発、特に国内組の最前線と2列目のメンバーには危機感が芽生えたはず。だからこそ、残り2戦となったJリーグでどれだけ必死にやれるか。アジア杯を戦うチームの底上げに直結するからこそ期待したいです。

(構成・茂野聡士)

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福西崇史
守田英正
山中亮輔

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ