オリンピックへの道BACK NUMBER

坂本花織は思い切り泣き、笑った。
GPファイナルへ「待つだけ」。

posted2018/11/10 11:30

 
坂本花織は思い切り泣き、笑った。GPファイナルへ「待つだけ」。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

GPシリーズ2戦連続で表彰台に上がった坂本花織。ファイナル進出は他選手の今後の結果次第となった。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 思い切り泣いて、思いっ切り、笑った。

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第3戦、フィンランド大会(ヘルシンキ)。自身、今シーズン2試合目のGPとなった坂本花織は、3位で表彰台に上がった。それはどこかほろ苦さと、でもそれを上回る喜びももたらした試合となった。

 坂本はGP初戦のスケートアメリカを、好スタートと言ってよい内容と結果で終えていた。ショートプログラム、フリーともにノーミス、総合得点213.90を記録。宮原知子に次ぐ2位につけたのだ。今シーズンの目標の1つとしてきたGPファイナル進出へ向けて、十分な手ごたえを得た大会でもあった。

 しかし迎えたヘルシンキ大会は、思わぬ出だしとなった。

トリプルフリップでの転倒。

 ショートの冒頭で予定していたのは3回転-3回転のコンビネーションジャンプ。その1つ目、トリプルフリップで転倒してしまう。

 そして最後のジャンプ、トリプルループに、最初の失敗のリカバリーのためトリプルトウループをつけようとしたがまたしても転倒。結果、7位にとどまることになったのだ。
原因は、公式練習の際、ステップでレベル4を獲得しようとするあまり、ステップに集中が向かってしまったためだった。

「そのためにジャンプのことが、(頭から)抜けてしまったんだと思います」

 悔やんでも悔やみきれなかった。それは演技の直後から涙が止まらなかったことからも明らかだ。同時に坂本の失敗は、些細なメンタル面の動きも演技に表れてしまう、フィギュアスケートの繊細さをも示している。

 だが、坂本はそのままでは終わらなかった。

【次ページ】 「緊張で全身が、がくがく」

1 2 3 NEXT
坂本花織

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ