フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

ヘルシンキGP圧勝の羽生結弦。
4アクセルへの、新たな挑戦。

posted2018/11/07 16:30

 
ヘルシンキGP圧勝の羽生結弦。4アクセルへの、新たな挑戦。<Number Web> photograph by Akiko Tamura

左から、2位のミハル・ブレジナ(チェコ)、優勝した羽生結弦、3位のチャ・ジュンファン(韓国)。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Akiko Tamura

 今シーズンのGPヘルシンキ大会で、羽生結弦は完璧なショートプログラムと、大きなミスのないフリーを滑りきった。

 総合297.12と、2位のミハル・ブレジナ(チェコ)に40ポイント近くの点差をつけ圧巻の優勝。9月末のシーズン初戦オータムクラシックから、30ポイント以上もスコアを伸ばした。

 ルールが大幅に改定されたため、今シーズンから新たにリセットされたスコアシステムの中で、今季の男子が出した最高点である。

「確実にいい練習をしてこれたというのが、演技として出たかなと思います。ただ(フリーの4ループと4トウループの)アンダーローテイションは悔しい。きれいにきめたいと思います。1回試合に勝つだけじゃだめ。しっかりこれ以上のできが試合でできるように、考えながらこの先やっていかなきゃいけないと思っています」

「憧れが詰まったプログラム」

 2度のオリンピック制覇も果たし、勝つべき試合は勝ち、取るべきタイトルは全て手にした羽生結弦。だが彼にとってモチベーションはまだまだ尽きるところがないようだ。

 結果を出すことを最優先とした昨シーズンが一段落し、今シーズンの羽生には新たな滑る喜びがある。

 今季のプログラムは2つとも、彼の「憧れが詰まったプログラム」なのだという。

 SPは元全米チャンピオン、ジョニー・ウィアーが2004年から2006年にかけて滑ったフリーで使用した『秋によせて』。

 フリー『Origin』は、エフゲニー・プルシェンコが長年コラボワークを行ったヴァイオリニスト、エドウィン・モートンによる演奏で、プルシェンコが2003年から2004年にかけて滑ったフリーの曲が取り入れられている。

【次ページ】 しがらみに関係なく好きな曲を。

1 2 3 4 NEXT
羽生結弦
ジョニー・ウィアー
エフゲニー・プルシェンコ
ミハル・ブレジナ
北京冬季五輪
オリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ