SCORE CARDBACK NUMBER

NBAデビューした渡邊雄太が、改めて
称賛する田臥勇太の偉業。~「0から1に
するのと、1から2にするのとでは」~

posted2018/11/13 15:00

 
NBAデビューした渡邊雄太が、改めて称賛する田臥勇太の偉業。~「0から1にするのと、1から2にするのとでは」~<Number Web> photograph by Getty Images

開幕から5試合目で初めてベンチ登録された渡邊はサンズ戦でNBAデビュー。2得点2リバウンドを記録した。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 14年前の'04年11月4日(現地時間11月3日)、当時10歳だった渡邊雄太少年は、田臥勇太(当時フェニックス・サンズ所属)が日本人選手として初めてNBA公式戦でプレーするのを見て、テレビの前で興奮し、大声あげて応援していたという。

 それから14年後の今年10月27日、24歳に成長した渡邊も、当時の田臥と同じようにNBAのコートに立っていた。夏にメンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約を交わしていた彼にとって、これが初めてのNBA公式戦出場。14年の年月を挟んで、史上2人目の日本人NBA選手が誕生した瞬間だった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

渡邊雄太
田臥勇太
メンフィス・グリズリーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ