フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

ヘルシンキGP圧勝の羽生結弦。
4アクセルへの、新たな挑戦。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAkiko Tamura

posted2018/11/07 16:30

ヘルシンキGP圧勝の羽生結弦。4アクセルへの、新たな挑戦。<Number Web> photograph by Akiko Tamura

左から、2位のミハル・ブレジナ(チェコ)、優勝した羽生結弦、3位のチャ・ジュンファン(韓国)。

新たな武器4トウループ+3アクセル。

 だが当然、競技を続けるからには勝ち続けなくてはという意識は高い。

 フリーでは、世界初となる「4トウループ+3アクセル」のコンビネーションを成功させた。

 もっとも本番では公式練習ほどきれいにきまらず、わずかながらマイナスのGOE(グレードオブエクスキューション/評価点)がついた。

「このジャンプに関しては世界初とか言われると思うのですが、自分の中ではGOEがちゃんと良いできとしてつかなかったのが残念です。

 ただこのジャンプを入れるきっかけとしては、ダブルジャンプをなくして点数をあげたいという思いがあったので入れました。

 ちょっと挑戦的なことだと思いますし、練習も大変だったんですが、頑張りました」

 現在の男子フリーにおいて、重複できるジャンプは2種類まで、重複できる4回転ジャンプは1種類のみ、コンビネーションジャンプは7回中3度まで、という細かいルールが色々ある。こうしたややこしいルールの中で、いかにして最大限のポイントを取るかと模索した答えが、今季から取り入れた4トウループ+3アクセルという、世界で誰も跳んでいないコンビネーションジャンプだったという。

「4アクセル」は今季中に。

 平昌オリンピック終了直後、競技活動を続けると宣言した羽生。

 そのときは、モチベーションの1つとして4アクセルを跳びたい、と語っていた。

 そのことについて会見で聞かれると、このように説明した。

「今シーズン中にはやりたいと思っています。オータムクラシックの前までは結構アクセルの練習をしていた。でもオータムクラシックの結果を受けて、今こういう練習をしている場合ではないと気付かされました」

【次ページ】 今は「完璧なクオリティ」を目指す。

BACK 1 2 3 4 NEXT
羽生結弦
ジョニー・ウィアー
エフゲニー・プルシェンコ
ミハル・ブレジナ
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ