メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

ドジャース“マン振り野球”の中で
マエケンの好守にプロの技を見た。

posted2018/11/03 11:00

 
ドジャース“マン振り野球”の中でマエケンの好守にプロの技を見た。<Number Web> photograph by Getty Images

ワールドシリーズ第3戦、前田健太は無死一、二塁からのバントを見事に処理して三塁で封殺した。

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

Getty Images

 114回目のワールドシリーズはレッドソックスが4勝1敗でドジャースを破り、5年ぶり9回目のワールドチャンピオンに輝いた。21世紀に入ってから4回目の世界一はジャイアンツの3回を抜き最多となり、この間の成績は16勝3敗となった。8割4分2厘の勝率はまさに驚異的と言える。

 今回のシリーズを全米テレビ中継したFOXスポーツの解説者ジョン・スモルツ氏は感想を問われこんな言葉を残した。

「レッドソックスは素晴らしい野球をしたね。アレックス・コーラ監督の戦術、選手掌握力はともに優れていた。ドジャースはナ・リーグチャンピオンに相応しい野球ではなかった」

 現役時代に通算213勝と154セーブを挙げ、野球殿堂入りも果たしたレジェンドが嘆いたナ・リーグチャンピオンに相応しくない野球、それはドジャースの攻撃を指していた。

実況が繰り返す「Big Swing」。

 第3戦。18イニング、7時間20分の戦いはともにシリーズ史上最長となった。戦う選手たちは最後まで全力を尽くし、まさに死闘を演じたと感じるが、ドジャース攻撃陣のアプローチは昨今のメジャーリーグの野球を象徴していた。

「Big Swing!」

 FOXスポーツで実況を担当したジョー・バック氏はドジャースの攻撃中にこの言葉を繰り返した。バック氏は親子2代に渡るスポーツ実況アナウンサー。アメリカで最も上手なテレビ・スポーツ・アナウンサーの評価もある。

 その彼が「Big Swing!」と語り続けた意味は何なのか。直接的に批判する言い回しは避けたものの、何がなんでも本塁打狙いの“マン振り野球”に嫌悪感を抱いていたのは間違いない。

【次ページ】 フライボール革命の弊害。

1 2 3 NEXT
ロサンゼルス・ドジャース
前田健太
ボストン・レッドソックス

MLBの前後のコラム

ページトップ